地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、徳島の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

徳島の地域情報サイト「まいぷれ」徳島市

四国大学 下畑ゼミ

下畑浩二ゼミナール

経営学研究室

2015/10/09

下畑 浩二 / SHIMOHATA Koji
下畑 浩二 / SHIMOHATA Koji

研究室担当者
・氏名:下畑 浩二(しもはた こうじ)
・専門分野:企業統治論、企業戦略と規制
・業績:共著2冊、論文21篇、学会発表27回 (2015/10/09現在)
・所属学会:日本経営学会、経営学史学会、工業経営研究学会等の会員
・社会貢献:徳島市行政評価委員会委員(平成25年度、26年度)

 詳細はコチラ(研究室website)と本学教育研究者総覧:下畑浩二(2015/05/01時点)をご覧ください。
   

担当科目(平成27年度)
[学部]
・講義科目

経営学総論Ⅰ・Ⅱ、経営管理論、経営組織論、経営戦略論、キャリア形成入門
・演習科目
フレッシャーズ・ゼミナールⅠ・Ⅱ、演習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ

[大学院]
・講義科目
経営学特論、経営管理特論、経営戦略特論



ゼミナール概要
2011年4月設立のゼミナールです。小生は経営学全体をカバーする科目群を担当していること、そして「経営学研究室」であるため、基本的にはいずれの研究テーマも受け付けます。なお、以下の範囲のテーマ設定であると、より専門的な指導が可能です:企業論、企業統治、CSR、M&A、経営戦略

 
ゼミ生について
ゼミ生は、ハンマー投げで学生No1、弓道男子個人で学生No2、バスケットボールクラブ主将経験者など、学業やスポーツで活躍する学生が多く在籍しています。また、マーケティングのコンテスト出場、そして自主的に広告会社のインターンシップに応募・参加するなど、向学心溢れる学生で構成されています。


担当者について
事業会社のコーポレート・ガバナンスと比較しながら金融機関のガバナンスモデルの確立や経営者報酬の増大メカニズムの解明に取り組んでいます。最近は学生指導、特にゼミ生の個別あるいはグループワークを通じた学習指導(例:ビジネスプラン・コンテスト等への出場)や研究活動に取り組んでいます。また、国内学会での研究発表や国際学術連合の運営業務のために東奔西走する毎日を過ごしています。


学生に一言
学生の皆さんには経営学の講義を通じて人生の多くに関わってくる企業活動を理解するとともに、生きるための知恵、知識、考える力などを養ってほしいと考えています。人生は選択の連続である、という言葉があります。人生の節目節目で悔いのない選択ができるよう、しっかりと自分に投資できる時間が確保できる学生生活のうちに、選択する際の指針となるものを養いましょう。良い学生生活を送るに留まらず、学生生活のうちに培ったもので以って良い人生を送る、という長期的視野から考え、行動することをお勧めします。


研究室及び研究室担当者関連ウェブサイト
・研究室ウェブサイト

  http://www.shimohata.net

・教育研究者総覧:下畑浩二
 http://www.shikoku-u.ac.jp/education/docs/SHIMOHATA%20Koji.pdf


・ゼミナールブログ
 http://shimohata-seminer.blogspot.jp/
  • 下畑浩二ゼミナール

    経営学研究室