地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、徳島の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

徳島の地域情報サイト「まいぷれ」徳島市

徳島商業高等学校×まいぷれ徳島

「JK8人卍」の取材 ♯たこ焼 南風

 私たちの班は、大阪風のたこ焼きが楽しめる「たこ焼 南風」さんへ取材に行ってきました。

南風という力強い文字が目印!!

私たちが取材に行ったのは7月~9月で現在移転の準備中だそうです。

たこ焼きと、かき氷をごちそうしていただきました!

 「熱いけん気をつけて食べや~」と辰巳徳久(たつみのりひさ/たこ焼 南風店長)さんが愛情込めて作ってくださいました!一口食べると「熱い熱い」と言いながらも、たこ焼きの出汁とうまみが溢れ出てきて美味しかったです。たこが「ぶりぶり」でとても食べ応えがあり、辰巳さんのたこへのこだわりを感じることができます!岩塩味のたこ焼きを食べたUさんは「初めて食べたんやけど塩めっちゃ美味しい!」と言い、またしょうゆや、ねぎマヨを食べたFさんは「しょうゆはさっぱりとしていて、ねぎマヨはネギの香りと風味がソースにマッチしている!」と、口々に叫ぶほどの美味しさでした。かき氷は、マンゴー味とすももみるく味、生いちご味を頂きました!氷はふわふわで口触りがよく、頭の痛くならない冷たさが特徴でとても食べやすかったです。辰巳さんこだわりのフルーツの素材の味が生かされていて、生いちごのつぶつぶ感がとても美味しかったです。マンゴー味を食べたKさんは「マンゴーそのもの!」と、すももみるく味を食べたIさんは「すももの酸っぱさとみるくの甘さが絶妙!」と言っていました!たこ焼き、かき氷、どちらも班員全員が「また食べに来たい」と口をそろえて言うほどの美味しさで、とても幸福な満腹感を味わえました。

 

浪速ソース味のたこ焼き

生いちご味のかき氷

メニューについて

 南風さんのたこ焼きは、あわびや貝をえさとしたモロッコ産の真ダコをメインに使用しています。またソースはなんと9種類もあって、ソース・ソースマヨ・しょうゆ・しょうゆマヨ・岩塩・ゆず岩塩・ねぎマヨ・浪速ソース・浪速ソースマヨ味を楽しむことができます。大阪では定番の塩味のたこ焼きが楽しめる店は徳島では珍しいのではないでしょうか?

 夏限定でかき氷の販売も行っています。自家製の生いちご、プレミアムマンゴー、すももみるく、ベリー3姉妹、宇治抹茶、フルーツミックス、シャインマスカット、桃など期間によって、さまざまな味が用意されています。辰巳さん自らが直接農家さんと交渉し仕入れた食材はどれも新鮮で美味しいです。

たこ焼きのメニュー表

夏季限定のかき氷のメニュー表

店長の辰巳さんにお店について質問してみました!

●なぜ徳島でお店をすることにしたのですか?

子供のことを考えて、自然と多く触れ合うことのできる場所がいいと思っていたときに、知り合いが徳島に居たから選びました。

 

●なぜ南風という名前にしたのですか?

店の名前を決めるときに、たまたま読んでいた漫画「タッチ」に出てくる、ヒロインの南ちゃんの家が経営している喫茶店の名前が「南風」で、直感でこれにしようと思ったからです。

 

●お店のモットーはどんなことですか?

まずは自分を豊かにすることを第一に考えています。自分が誰よりも笑ってそれを見た周りの人にも笑ってもらえるように心がけています。サービスの量と質を大切にしていて、たとえば、カウンターにおしぼりを必ず置いておくようにしたり、たこ焼きを渡すときには、必ず一言かけるようにしています。

 

●美味しいたこ焼きを作るマル秘ポイントは何ですか?

生地に牛乳を入れるとマイルドな味になります。また、焼く前にプレートを熱々に温めておくとより美味しく焼きあがりますよ。


突撃!辰巳さん!! ~プライベート編~

 辰巳さんを構成する意外な8項目

1.かつての趣味はサーフィン

2.部活はラグビー

3.休日はDIY

4.昼はイチゴ栽培

5.ピアノが弾ける

6.字がきれい!7段の腕前

7.うめぼしらっきょ少年!?・・・ん?

8.アイラブ「リン・チーリン」(台湾の女優さんです)

私たちも、人生初のたこ焼き作りに挑戦してみました!

 取材をした後日、再び「たこ焼 南風」さんを訪れました!辰巳さんのご厚意でたこ焼き作りを教えてもらい、実際に作ってみることになったのです。下準備の生地作りなどは辰巳さんがしてくださっていて、私たちはたこ焼きをひっくり返す過程を体験させてもらいました!たこ焼きをひっくり返すときにポイントとなるのは、四角を描くようにふちをとって巻き込むようにひっくり返し、次は斜め45度に傾けて焼くということです。思っていたよりも簡単にくるりとひっくり返すことができ、コツをつかんだ班員たちはホイホイとたこ焼きをひっくり返していました!最後に、辰巳さんオリジナルの浪速ソースをかけ、お好みでマヨネーズやかつお節をトッピングして、いただきました。自分たちで作ったたこ焼きは、形は不揃いでしたがとても美味しく焼きあげることができました。



まとめ

 私たち8人は取材をとおして、辰巳さんのたこ焼きへのこだわりを知っただけでなく、辰巳さんの人柄に触れました。辰巳さんは私たちの取材に真摯に向き合ってくださり、丁寧に、かつ笑いも交えて答えてくださいました。今回の取材で私たちは辰巳さんに惚れ込み、辰巳さんの人柄の良さが伝わるような記事を書こうと決め、作成しました。記事を読んでくださった方に伝わっていればいいなと思います。お腹が空いたとき、元気がほしいときは是非「たこ焼 南風」を訪れてみてください。お腹も心も満たしてくれる、そんなたこ焼き屋さんです。

移転のため現在準備中

 

「たこ焼 南風」さんは11/2に安宅のお店を閉め、現在は新たな場所へと移転の準備中だそうです。

人気のキーワード